桃林寺権現堂tourinjigongendo


重山地域に寺社がなかったため、1614年に建立された臨済宗の寺です

現在の建物は1786年に再建されたもの
山門左右にある仁王像は現存する最古の木彫像といわれ、古くおもむきがあります。

また隣にある権現堂も同じ頃建立されたと伝えられ、沖縄最古の木造建造物です。
境内は石垣で囲まれ、表門・拝殿・神殿を軸線上に配置してある。創建当初は茅葺き(カヤブキ)で、尚貞王代に瓦葺き(カワラブキ)に改められたといわれる。


見学自由
入場料   : なし


※木陰が多いため、蚊に刺される事が多いので注意です




一見どこにでもありようなお寺



 どこにいるかな? いろいろな生き物が表現されています

 楽園石垣島情報MENUに戻る


石垣everland topに戻る