黒島kuroshima


垣島の離島桟橋から船に乗り約25分。
ハートの形をした牧場のたくさんある黒島。
島は平坦でサイクリングに向いています。

周囲12.6km、面積9.83km2、人口はわずか226人の小さな島です。

いたるところにたくさんいる牛と、ま〜っすぐのびる道がとても印象的!
なんにも考えず、ひたすら自転車をこいだり、 大自然で のんびりできる素敵な島です。


※レンタサイクルだと、自由に島を周れて便利です


集落内の道



まっすぐどこまでもつづく道


のんびりした牧場の牛たち




黒島灯台やっと到着 !眺めは最高!
恋のお願いをしましょうね


●黒島灯台


ハート型をした黒島の先端にある黒島灯台。
恋のお願いをすると恋が実るという噂の場所です。

黒島の港からは自転車をひたすらこいで約40分です。途中、遭遇する牛たちに挨拶をしながら、御
嶽に寄り道しながら、そして集落をながめ、島の方に挨拶をしながらのんびり行きましょう。
ただし、途中自動販売機や売店といったものは無いので、あらかじめ飲み物は確保して行きましょうね。それと日焼け、自転車焼けに注意です。特に女性の
方は、帽子にサングラス、長そで長ズボン、軍手をして完全防備の方はよく見かけます。
ちょっと自転車をこいでいるだけでもすぐに日焼けしてしまうので、ご準備を忘れずに。



●ウミガメ研究所


黒島には、貝やウミガメの標本が展示され、とても勉強になる八重山海中公園研究所
(黒島港から自転車20分 
9〜18時無休 入館300円があります。

港で船からおろされたカメのお腹には名前が書いてありました。
聞くと、海に放したウミガメが、いつどこで発見されるか調査しているとの事。
黒島で放したウミガメが遠い北海道で発見されることもあるそうです。日本のハシからハシまで、ウミガメは遠い旅をしているんですね。





船からおろされて来たウミガメ
どこを泳いで来たのかな?



とっても透きとおった海が広がります


●黒島の海岸


きれいな海が広がっていて秘密の海岸もたくさんありますよ。

集落からは仲本海岸が近く、観光者でにぎわっています。

仲本海岸

トイレ、シャワーあり(無料)
売店あり、飲み物(お茶、ジュース、ビール等)

レンタルシュノーケルセットは1500円
※宿泊する民宿にレンタルシュノーケルセットがあれば、そちらの方が安い場合が多いので、海岸へ出発する前に民宿の方に聞いてみましょう。

珊瑚礁の浅瀬がひろがり枝サンゴやクマノミ他、たくさんの魚を見る事が出来ます。

アーサー(岩海苔のようなヒトエ草という海藻、タンパク質やカルシウムが豊富に含まれていて、お吸い物〈アーサー汁〉にすると大変おいしい)
もたくさんあるので、収穫している方も多いです。


高台にのぼって…

少し、北海道の景色にも似ているのかな?
広大な牧場の景色が広がってます。
点々と見える牛たちは、ゆっくりと動いていて、まるで時がとまっているかのような錯覚をあじわえます。



高台からのながめ。本当に平らだなぁ

 楽園石垣島情報MENUに戻る


石垣everland topに戻る