楽園石垣島情報

★アクセス
●飛行機
JTA = 日本トランスオーシャン航空
ANA = 全日空
RAC = 琉球エアコミューター
北海道から
(稚内):約4時間45分 71,100円(JTA)
東京から:約3時間10分 51,800円(JTA.ANA)
大阪から:約2時間40分 41,800円(JTA.ANA)
福岡から:約2時間00分 38,700円(ANA)
那覇から:約0時間55分 19,300円(JTA.ANA)
宮古から:約0時間40分 9,800円 (JTA.RAC)
●船
那覇から:約12時間 5,860円(琉球海運2等)
宮古から:約 5時間 1,890円(琉球海運2等)
台湾から:約 6時間 12,500円 (基隆港2等)

★大きさ
 228.93平方キロメートル
 (東京23区とほぼ同じ)

★人口
 総数 45,705人
 男  22,821 人
 女  22,884 人
 世帯 19,074 戸
 (平成17年3月末現在石垣市役所調べ)

★気候
 平均気温  24.4度(平成15年)
 最高気温  34.5度(平成15年7月)
 最低気温  11.5度(平成15年1月)
 
(※平成15年度版 「統計いしがき」より)

ワン本一キレイと言われる海

石垣島には、いたる所に美しいビーチがあります。
砂浜は白く、かわいらしい貝殻やサンゴのかけら、流木なども見つけることが出来ます。そんな浜辺を、ただ眺めるだけでもよしですが、海の中の世界は初めて見る方にとっては、本当に目からウロコ状態だと思います。
陸上とはまるでちがった別世界が広がっているのです。
サンゴにはたくさんの種類があり、少し恐いくらいの不思議さを感じます。その間をスイスイと泳いでいく魚達も、信じられないくらいたくさんいて、イキイキと泳ぎまわり、まさに楽園といった感じです!

→もっと詳しく見る


最高のロケーション
1.石垣島よくばりコース でGo!

ビーチ体験は 5.海あそびコース でGo!

ツー台“図の場所は平久保崎”

白いのっぽの灯台は、毎日、真っ暗な石垣島の夜に、広く果てしない海に向かって船の安全航海を願って、まっすぐに光を放ち続けています。昼間はココから、その広く果てしない海をながめたり、少し高いところからの周辺の風景を眺めるのもとっても気分が良いものです。

→もっと詳しく見る

こちらは 1.石垣島よくばりコース でGo!

スリー:石垣島の山

■沖縄県最高峰の山‥於茂登岳
標高526メートル(参考:富士山3776メートル)
八重山の山ならではのユニークな植物や生き物達がお出迎え。
山の頂上から島を見下ろすと、
ここの神様たちに近付けた気持ちになれるかもしれませんよ。

■悲しい伝説の残る山‥野底岳(野底マーペー)
歴史を垣間見れる悲劇の悲恋の物語です(野底マーペー伝説)
標高282メートル
先がとんがって見えるのが特徴的でインパクトのある山です。
360度見渡せるので眺めはイチオシ! 


→もっと詳しく見る


登山探検は 3.リフレッシュ登山コース でGo!

フォーーサー

沖縄と言えばシーサー!?なんとも様々で愛嬌のある表情の彼らは、昔から家の守神として、赤瓦の屋根の中央で客人をお出迎えしています。家を建てる時に、その家の主人が余った資材で作ったそうで、作った人に顔が似てしまうのだとか、それで、み〜んな表情が違うのですね。
二ひきのセットで売られているものもありますが、片方は口を開き、もう片方は口を閉じています。これ“あ、うん”を意味しているのだそうです。
竹富島で水牛車に乗った時に、教えていただいた話だと、お尻を上げているシーサーは“しり上がり”を意味しているのだとか、なかなか奥の深いシーサーのお話でした。


→もっと詳しく見る(色々なシーサー)


シーサー探索は
4.石垣島&竹富島コース でGo!


ファイブャングルクルーズ“吹通川でカヌー”

天然記念物のマングローブ(ヒルギ)によって陸地化した雄大な亜熱帯のジャングルの中を、自らの手でカヌーを漕いで探検します。マングローブは空気をきれいにするはたらきが強いと言われています。ここで深呼吸して体内の空気をリフレッシュしたいものですね。そして、シオマネキ(おいでおいでしている白くて小さなカニたち).トントンミー(とぼけた顔のトビハゼ).アカショウビン(真赤な鳥、カワセミの仲間…会えたらラッキー)などなどかわいらしい生き物達にも出会えますよ。


→もっと詳しく見る


吹通川マングローブ林見物は
1.石垣島よくばりコース でGo!
ジャングルクルーズ体験は
5.海あそびコース でGo!

シックスんたく

みんなで飲んだり、いどばた会議をしたり、ちょっと集まって話したりすることを島では“ゆんたく”と言います。
ただ、飲めば唄うし躍るし…といった展開も良く聞く話です。気さくで楽しい島の人たちの日常です。
食事は八重山そば!
お酒は泡盛!
種類も豊富です。
※“ソーキそば”は、ソーキが上にのっているから。
八重山地方のそばは“八重山そば”といいます。
たくさん牛肉がのった“牛そば”もおすすめですよ。


→もっと詳しく見る


こちらは 1.石垣島よくばりコース でGo!

セブン空の星

石垣島は自然がいっぱですから、当然 夜になると辺りは真っ暗です。そしてお空を見上げると、たーっくさんの星を見ることが出来ます。それは、都会に住んでいらっしゃる方には信じられないくらいです。こんなに星ってあるんだなあと物凄い不思議な気分になってしまいます。流れ星なんていくつも見ることが出来ます。
島の人にとっては、そんなの見るのが当たり前といった感じで、感動していると不思議がられてしまいますが…

→もっと詳しく見る


 



石垣everland topに戻る